2015年07月29日

今年もご紹介☆読書感想文おすすめ本

こんにちは

毎日の通勤だけで、こんがり小麦色になりました…涙

スタッフの前川(まえかわ)です


夏休みといえばexclamation

今年も学校では読書感想文の宿題がありますね・・・と、

以前のブログで書きましたが、すでに本はお決まりでしょうか?

まだお探しの方は、ぜひ昨年のブログ記事もご覧になってくださいね( `ー´)


さて、お待たせしました


今年もやります、

〜スタッフ前川の独断と偏見で勝手にご紹介するおすすめ本〜


■真珠 まりこ『もったいないばあさん』

「もったいない」って、どういう意味?ぼくが捨てようと思った

いろんな物で、いろんなことをしてくれる"もったいないばあさん"

身近な生活とむすびつけて考えることができます。


■マーカス・フィスター『にじいろのさかな』

きらきらうろこを自慢するばかりだった、にじうおが、たいせつな

うろこを友だちに分け与えることで、もっとたいせつなものを得る

というこのお話。世界で愛されるベストセラーです。


■内田 鱗太郎『ごめんね ともだち』

だいすきな友だちとケンカ。仲直りがしたいのに、「ごめんね」の

一言がなかなか言えないことってありますよね。

オオカミとキツネのケンカの行く末が気になります。


■よしなが こうたく『給食番長』

はじめての給食をむかえた1年生さんにおすすめ。

「給食を残しちゃえ!」とクラスのみんなをそそのかす番長が、

給食をつくる大変さやそこに込められた本当の気持ちを知る

ストーリー。



気になる本は見つかりましたか?


名作といわれる本でなくとも、図書館や書店に

行けば、すてきな本とのすてきな出逢いがきっとあるはず☆

まずは「おもしろそう!読んでみたい!」とお子様が手に取った本を

一緒に読んでみるのがオススメです(*´ー`*)


まんてん教室では、この夏も【読書感想文サポート講座】が大人気ひらめき

書き方のコツや、ポイント、読書のたのしさをお伝えします。


まだまだ夏休みはこれから

「読書感想文、どうしよう…」と頭をかかえておられる方、

ぜひ一緒にまんてん教室で悩みを解決しましょう

posted by 幼児・小学生専門 まんてん教室 at 15:27| 教室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする